簡単にLua言語についての説明

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 まず初めにCorona SDKで使用するLuaのバージョンは5.1です。ここでは非常に簡単にLua言語について説明します。詳しく知りたい方は書籍等で確認してください。

 

1.コメント

 プログラムを書いているとコメントを書くことがあると思います。Lua言語でのコメントの記述方法は以下の通りです。

  • –(ハイフンを2つ) 「–」以降をコメントアウトします(その前は実行されます)
  • 範囲指定(ハイフン2つと括弧2つ)
    –[[ コメントアウト開始
    –]] コメントアウト終了
    上記の2種類で囲んだ中がすべてコメントアウトされます

 

2.変数(型)

 Lua言語にはC言語などのような型の宣言はありません。作成した変数は数値、文字列、関数などほぼなんでも代入することができます。また宣言をしてからしか使えないということもありません。

local value = 10    — 整数
value = “test”     — 文字列
value = 123.56     — 少数

 なんてことのように、同じ変数に整数、文字列、少数などを代入することができます。ただし、できるというだけで絶対にやらないことをお勧めします。このような使い方はバグを生む原因になります。整数と思っていたら文字列が入っていて異常が発生してしまう、なんてことが発生することがあります。あくまで特に型の縛りがないということを説明しているだけです。
 変数には関数を入れることもできるので、使い方によっては便利な使い方もできます。

 

3.式

3.1 代入

 値の代入は「=」です。C言語のようなインクリメント(++)や+=のようなものは存在しません。
value = 123
value = value + 1

 

3.2 算術演算子

 足し算や引き算などはよくある通りです。

 記号  説明
 +  加算
 –  減算
 *  乗算
 /  除算
 %  あまり
 ^  累乗

 

3.3 関係演算子

 条件文に使用する演算子です。条件に合った場合は「true」、合わなかった場合は「false」を返します。

 記号  説明
 <  右が大きい(同じ数値を含まない)
 >  左が大きい(同じ数値を含まない)
 <=  以上(同じ数値を含む)
 >=  以下(同じ数値を含む)
 ==  同じかどうか
 ~=  違うかどうか

 

3.4 論理演算子

 複数の比較演算を結合する場合に使用します。偽は「false」または「nil」です。それ以外が真です。

 記号  説明
 and  左右の条件が成り立つ場合「真」です
 or  左右の条件のどちらかが成り立つ場合「真」です
 not  否定(trueまたはfalseを返します)

 

4.分岐

 if文による分岐です。if、then、elseif、else、endを使用します。

 

4.1 ifのみ

if [条件式] then
end

if a < 0 then
    text = “0より小さい”
end

 

4.2 if、elseif、else

if a == 0 then
    text = “0と等しい”
elseif a > 10 then
    text = “10より大きい”
else
    text = “上記以外”
end

 

5.繰り返し

 何度も繰り返し処理をさせたい場合に使用します。永久ループにならないように気をつけましょう。

 

5.1 for

 主に繰り返し回数が決まっている場合に使用します。
for [変数名] = [開始値],[終了値],[加算値] do
end

for cnt = 1, 10, 1 do
    print(“cnt = “..cnt)
end

 テーブルに対するforは以下のようになります。foreachと同じ意味合いです。
for k, v in pairs(テーブル) do
end

 

5.2 while

 主に何度繰り返すかがわからない場合に使用します。条件式が真の間繰り返します。

while [条件式] do
end

cnt = 1
while cnt <= 10 do
    print(“cnt = “..cnt)
    cnt = cnt + 1
end

 

6.関数

 処理をまとめたいときに使用します。
local function 関数名(引数)
end

local function add(a)
    a = a + 1
    return a
end

 

7.テーブル

 配列、行列、多次元配列、構造体、クラスなどを作成することができます。複雑なので単純にデータの代入のみです。
local tableTest
tableTest[1] = 123
tableTest[2] = “テスト”

 テーブルの先頭に「#」を付けるとテーブルのサイズを取得することができます。
tableTest[#tableTest + 1] = 10.6

 以上、非常に簡単ではありますが、Lua言語の使い方でした。本サイトはLua言語の説明を主としているわけではないので、非常に簡単かつ少ない内容になっています。詳しくは書籍等で確認してください。

       

<更新履歴>

更新日 Corona SDKのバージョン
新規作成 2015年6月3日 v2015.2576

 

 

メニューへ          次へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)