マイコンチェッカーの画面を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

マイコンチェッカーではmbedとパソコンをUSBで接続し、シリアル通信にてデータのやり取りを行います。今回はパソコン側のソフトの画面についてです。

 

デジタルIOとアナログIOの画面(ピンの説明付き画面)

パソコンとmbed(NUCLEO-L152RE)のデジタルIOとアナログIOの画面は以下のようにしました。

画面のピン配置はmbed(NUCLEO-L152RE)と同じようにしているため、この画面を見れば配線も簡単に行えます。

 

 

デジタルIOとアナログIOのピン固定画面

PIC開発者がピンを固定して使いたいとのことだったので、次のような画面も作りました。

これは端子台を使い、それぞれのピンを並べて使いたいときに使います。

 

まとめ

パソコンの画面は使いやすさが大切です。自分だけではなく、他の人にも使いやすい画面を作りたいものです。

今回はmbed(NUCLEO-L152RE)のピン配置そのままの画面と、PIC開発者の希望の画面の2種類に対応しました。

 

 

更新履歴

更新日 説明
新規作成 2017/9/1  

 

 

前へ               メニューへ               次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)