ファイルの文字コードとDos窓への出力

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

1. ファイルの文字コードについて

 非常に重要なのがファイルの文字コードです。日本語で普通に作業をしてしまうと多分文字コードは「Shift-JIS」になると思います。しかし、Corona SDKでは「UTF-8」でないといけません。保存するときに必ず「UTF-8」で保存してください。

ファイルの文字コードは「UTF-8」にすること!!

 

2. Dos窓へのテキスト出力

 Corona SDK シミュレータではprint関数を使ってDos窓へ文字を出力することができます。もしかしたら自分の環境だけなのかもしれませんが1つ問題が発生します。それはWindowsのCorona SDK シミュレータの場合、日本語は化けるということです。Macでは問題なく表示されるのですが、なぜかWindowsだと文字化けします。Dos窓の文字エンコードも変更しているつもりなのですが、上手くいきません。
 ということで、print関数で出力する場合は英語で書くことをお勧めします。もし問題なく日本語が表示できるのであれば、そのまま使えばいいと思います。

       

<更新履歴>

更新日 Corona SDKのバージョン
新規作成 2015年6月12日 v2015.2646

 

 

前へ         メニューへ          次へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)