PICの開発環境を整える

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 今回、開発作業で使用するPCのOSはWindows8.1です。Windowsをメインに進めていきますが、他のOSでもそれほど差はないと思います。セットアップするソフトのバージョンは、特にこだわりがなければ最新バージョンでいいと思います。

 

1.統合開発環境のインストール

 マイクロチップ・テクノロジー社のサイトからMPLAB X統合開発環境(IDE)をダウンロードしインストールします。

MPLAB X IDE ダウンロード先
使用バージョン:2.30

 

2.コンパイラのインストール

 マイクロチップ・テクノロジー社のサイトからXC8をダウンロードしインストールします。

XC8 ダウンロード先
使用バージョン:1.33B

 

インストール時の注意

  • PCのユーザ名が日本語の場合、問題が発生する可能性がある(半角英数字にした方がいいかもしれません)
  • インストール途中で進めなくなることがあるらしい。
    この場合、コントロールパネルのディスプレイから項目サイズを小にするとインストールできるらしいです。

3.PIC書き込み機

 PICへの書き込み機は「PICkit3」を使用します。
(参考までに販売サイト紹介:秋月電子通商PICkit3製品サイト

Amazonでも扱うようになりました。正規品と互換品とがあるようです。正規品をお勧めしますが、互換品でも動作はできているようです。

以上で開発環境を整える作業完了です。

 

 

<更新履歴>

新規作成:2015年4月4日

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)