なぜノートを作る?

このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜノートを作るのか?

 ノートには罫線や方眼など色々な種類があります。また、アイデアや仕事の管理などに使いやすいように、あらかじめ項目が決められているノートもあります。そして、今はパソコンやスマートフォンがあるので、メモを取る機会が減り「ノートはいらない」という人も多いと思います。

 確かに字を書くだけなら私の場合、パソコンが最速です。しかし、図を描くとなると話は別です。手書き以上に早く描くことは私にはできません。タブレットを使えば早いと言われるかもしれませんが、精度がいまいちでなかなか思い通りに描けません。(お金がないため、高級なタブレットは買えません)

 人に何かを説明するとき、アイデアを記録するときなど、やはり手書きが便利なことは多いです。そして何よりノートは電気が必要なく、起動時間も必要ないので思いついたときにすぐ書けますし、すぐに確認することもできます。また、決められたフォーマットに記入することにより、忘れることを防ぐことも可能です。

 しかし困ったことに、自分にとって最高に使いやすいノートというのには出会えませんでした。 そこで、「出会えないのであれば作るしかない」と勝手に思い込みノートを作ることにしました。



メニューへ    次へ(どうやって作る?)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)