製本作業

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

製本作業

 製本作業は次の手順で行います。

  1. リングを通す穴をあける
  2. 角を丸める(別にやらなくてもOK)
  3. リングを通す
  4. 完成!!

 

1.リングを通す穴をあける

  リングを通す穴の作成ですが、A5の横なので多少面倒です。

  1. ゲージパンチ・ネオに紙をセットする
  2. 1回穴をあける
  3. 紙をひっくり返してセットする
  4. 穴をあける

 以上の手順をひたすら繰り返しすべてに穴をあけて完了です。この穴のあけ方だと、上下対称の穴をあけることができます。ただし、ルーズリーフファイルに入れることはできません。

1.穴をあける位置を間違えないように紙をセット

2.穴をあける

3.紙をひっくり返してセット

4.穴をあける

穴あけ完了

 

2.角を丸める(別にやらなくてもOK)

  角を丸める作業をします。ただひたすら角を切っていきます。滑らかな曲線で角が取れます。今回使用する紙の厚さであれば、問題なく綺麗に角を丸めることができます。

右がSサイズで角をとった紙

 

3.リングを通す

  リングを穴の数に合わせて切断します。今回は6個の穴を1セットにしているので、リング6個を2セット用意しました。

開いている状態で切ると綺麗に切れます

 リングでまとめます。リングの接続部分を背表紙で挟む形にしています。するとリングが固定されるので使いやすいと思います。

  1. リングをセット(裏表紙、背表紙、ノートの順にセット)
  2. リングを留める
  3. 1枚目にある背表紙を裏へ

1.リングをセット
裏表紙、背表紙、ノートの順にセット

2.リングを留める

3.1枚目にある背表紙を裏へ

4.完成

 

4.完成!!

 完成です!!
 表紙と背表紙には、ノートの題名や好きな絵を描くと、より愛着が沸くかもしれませんね。当然、印刷も可能なので、お気に入りの絵を印刷すると楽しいかもしれません。(印刷は穴をあける前にするようにしてください。詰まったりしてプリンタが壊れる可能性があります)
 とりあえず殺風景でつまらなかったので、そこらへんに転がっていたマスキングテープを張ってみました。

完成・・・表紙がさみしいですね

中はこのような感じになりました

メモノートはこんな感じです

表紙があまりに殺風景だったのでマスキングテープを張ってみました

 

 

前へ(印刷と紙について)    メニューへ    次へ(完成!!)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)