画面の表示サイズ・エリアについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 iOS、AndroidなどOSが違うとハードも違ってきます。ハードが違えば画面の解像度も変わってきます。また画面の比率まで変わってきます。それぞれの機種に対応するのは非常に大変なことです。Corona
SDKでは簡単に色々なサイズに対応することができるので、その方法の1つを説明します。

 

1. 参考までに解像度と比率紹介

 現在、よく使われている解像度と比率を紹介します。

機種 or OS 解像度[ピクセル] 比率
iPhone5 640×1136 40:71
(9:16)
iPhone6 750×1334 375:667
(9:16)
iPhone6 Plus 1242×2208
(1080×1920)
9:16
iPad Air 1536×2048 3:4
iPad Mini 768×1024 3:4
Android 480×854 240:427
Android 720×1280 9:16
Android 1080×1920 9:16
Android 1440×2560 9:16
Android タブレット 800×1280 5:8
Android タブレット 1200×1920 5:8
Android タブレット 1536×2048 3:4
Android タブレット 1600×2560 5:8

 代表的なものでもこれだけの種類があります。古い機種や独自のサイズの物もあるので、もっと色々な種類があると思います。アプリ開発をする際、画面のサイズや比率というのは非常に重要なポイントです。ある機種では正常に表示されているが、違う機種ではガタガタになってしまう、はみだしてしまう、なんてことが発生する可能性があります。このような問題を解決する方法がCorona
SDK にはあります。

  1. 何も考えずにCorona SDKでプロジェクト作成時にPhone Preset(320×480)にする
  2. 設定ファイル(config.lua)に画面サイズを切り替えるプログラムを追加する

 この章では1の方法を行った場合の説明のみにします。2の方法は多少複雑になるので、ここでは説明をしません。(将来行う予定です)しかし、2の方法でも1と同じことをする部分があるので、どちらも理解しておく必要があります。

 

2. Corona SDK は自動で拡大してくれます

 Corona SDK でアプリを作ると基本的には勝手にリサイズしてくれます。プロジェクト作成時に設定したサイズを基に、そのサイズを数倍して画面に合うようにしてくれます。となると、この機能だけでどの機種でもいいような気がしますが、そうはいきません。なぜなら画面の比率が違うからです。例えば320×480にした場合、比率は2:3です。iPhone6の場合は750×1334、比率は約9:16です。2:3を拡大した場合、9:13.5になります。すると余った部分は何も表示されなくなってしまいます(何もしなければ黒くなります)。画像のサンプルを数点紹介します。

 

 

 

 

 

 以上のように機種により、上下左右に空間ができてしまいます。
 単純なアプリの場合、背景だけを適当に塗るなどすればごまかすことは出来ますが、情報量が多いアプリの場合、その部分がないことは非常にもったいないことになります。
 以上の事から将来アプリを作成する場合、設定ファイル(config.lua)に画面サイズを切り替えるプログラムを追加する必要があります。しかし、当分の間はこの機能は使用しないため、この章では説明しません。(必要になった時に説明します)

 

3. まとめ

 Corona SDK を使えば特に画面のサイズを気にすることなく、簡単に色々な機種に対応したアプリを作ることができます。機種やOSの違いにより発生する多くの問題を、考えることなく対応できるのは非常に便利です。

       

<更新履歴>

更新日 Corona SDKのバージョン
新規作成 2015年6月17日 v2015.2646

 

 

前へ         メニューへ          次へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)